みらいえーる 〜移住と育児と場づくりと〜

2歳児を育てるアラフォー移住女子「かなママ」が、こどもとおとなが育ち合う場づくりを目指して、徒然なる日常を綴ります

外遊びの大切さ

 今日は金沢区の健やか子育て連絡会が主催する「乳幼児期の外遊びの大切さ」という講演会に参加してきました!

http://www.tokotoko-kanazawa.jp/kouen-201808.pdf

 大学内の立派なホールで、赤ちゃん連れから子育て支援者の立場の方などで500名入る会場は大盛況、外遊びの大切さって、何となくわかるような気もするけれど、このご時世、家族で過ごす休日も、特に歩き出す前の乳児連れとしては、公園などで遊ぶよりも空調の整ったショッピングモールなどについつい足が向きがち。

 外遊びって言っても、ダイナミックな遊び方を自分自身もそれほど経験していないし、自然豊かな環境が良いと思っていても、実際のところ昆虫とか苦手だし・・・、

保育園ではお散歩や公園遊びも沢山取り入れていたけれど、外遊びのない病院勤務が長かったこともあり、かなりインドア派保育士だった私にとっては、とても新鮮で、「親子で空を眺めるだけでもいい。雨の日もいいもの。」といったお話に、「あ、そっか!これをさせなきゃ!!って身構えなくてもいいんだ〜」と、情報過多の社会に翻弄されるイマドキ親子の当事者でもある身としては、ちょっと涙ぐんでしまうような、あたたかお話でした。NHK「すくすく子育て」にも出演されている講師の大豆生田先生自身も、専門家でありながら自身の子育てに悩み、「ひろばと園に助けられました!」とお話しされていたことにも共感。「完璧な親などいない」という子育て支援プログラムもあるように、謙虚な気持ちで、子どもに学びながら、子どもと一緒に過ごす時間を大切に育んでいきたいと思います☆