みらいえーる 〜親子で自分を好きになれる場所〜

こどもとおとなが育ち合う場づくりを目指して、保育士「かなママ」がエールを送ります☆

リユースの輪

高齢出産の年齢になってから第1子を授かったため、同級生は既に小学生の母になっている友人も多く、ありがたいことにリユース品をたくさん譲り受けていただけます。

とはいえ、住宅事情から大きな玩具は置けないわ・・と、遠慮していたコンビカーですが、最近よちよち歩きを始めた娘が、おととい夫と出かけたプレイルームで嬉しそうに押して歩く様子を見て、電車で2時間の距離に住む友人宅に譲り受けてきました^^

手作りのパンも焼いてくれていて、家庭的要素の乏しい自分にとっては、こういう丁寧な子育てが出来るのは素敵だなあ〜、こんな風に家庭的な環境を自分も作れたらいいなあとしみじみ。

保育園から帰った娘がぐずりだしたタイミングでコンビカーを見せると、夢中で遊び始めて嬉しそうな笑顔。温かいリユースの輪に感謝感謝です。