みらいえーる 〜移住と育児と場づくりと〜

1歳児を育てるアラフォー移住女子「かなママ」が、こどもとおとなが育ち合う場づくりを目指して、徒然なる日常を綴ります

保育園の選び方(保活編)

 「保活」という用語が市民権を得たのはここ数年のことのような気がしますが、「就活」や「婚活」と違うのは、「保活」をしたから保育園に入りやすくなる訳ではないということ。保育園の入所要件や手続きの日程や手順など、下調べして候補園を決めて見学の段取りをして、、といった手順はあるものの、入所はあくまでも役所によって家族構成や世帯収入、就労時間、「保育必要度」によって優先順位が決められるので、自分の努力で決められる訳ではないのです。見学したから入りやすくなる訳ではないけれど、入所後に後悔しないため、候補園は見学しておくことがベター。かといって、候補園が30ヵ所以上、一件ずつ電話で日程確認してスケジュール調整して、臨月のお腹抱えて出勤前に、産後首も据わらない娘をスリング抱っこして台風の中、ずぶ濡れになって保育園行脚したりと、いま振り返ってみても、我ながらよく頑張ったわ~😅