みらいえーる 〜移住と育児と場づくりと〜

1歳児を育てるアラフォー移住女子「かなママ」が、こどもとおとなが育ち合う場づくりを目指して、徒然なる日常を綴ります

転ばぬ先の杖

 自分で歩くのが楽しくて仕方ない年頃の娘は、家じゅうあちこち探索して回り、扉という扉を開けたり閉めたり、”あらゆ

るものに手を出したり。自分の行動を危ないからと制止されると火がついたように泣いたり、探索行動が大事な成長過程とわかってはいても、「あ”〜もうぅうぅ〜」と手を焼くこともしばしば。巷では安全グッズというモノもいろいろ見かけるけれども、賃貸住宅ではテープ跡の残るものを使うことも憚られるし、一時のことと思えば、何もかも転ばぬ先の杖でガードするよりも、見守りの中で小さな失敗を繰り返しつつ、自分で危険を知って身を守る術を身につけるというのも大切な経験かなあと思い、安全対策は100均で買ったはめるだけの簡易的な指はさみ防止クッションくらい。冷凍庫を開け閉めして引き出しをガチャガチャさせたり、今朝は食器棚の茶碗を割ってヒヤリとしたけれど、飛散はせず、娘もそのまま立ち留まったので、「落としたら割れる」という経験値になったと思うことにします^^;目が離せないのは大変だけど、わが子の興味や成長がよくわかる面白い時間でもあります。

パパ記念日

 2か月ほど前から「ママ」をはっきり言うようになった娘は、会う人会う人に「ママ。「ママ。」と私を指さし紹介する一方で、夫のことも「ママ」とずっと言っていましたが、今日は外出先の久留米市の農園系レストランで突如として「パパ。」とハッキリ指さして店員さんに紹介し、帰宅してからも嬉しくなった夫が何度も手を振って返事をするのが尚更嬉しいらしく、「パパ。」「パパ。」「パパ。」と何度も何度も連呼しては笑っていました。はいはい、わかったからもういいよと内心苦笑しつつも、何だか幸せなひととき。

 相変わらず食事中もチョロチョロ危なっかしい娘を、「今日は混んでないから見てるから、お父さんお母さんゆっくり食べてね。」とおおらかに迎えてくれた店員さんの温かさも身に沁みました。

健康管理

 今日と明日はセンター試験。私が雪交じりの中で県外の大学まで受験しに行ったのは、もう20年も前のことになりました。はあ〜時の流れはおそろしやおそろしや。

 再来年からは名称も形式も変わるようで、時代と共に求められる能力は変わり、教育も変わっていくさなかで娘は育っていくのだなあとしみじみ。何はともあれ、全ての土台は心身ともに健康があってこそ。

 昨日は保健センターの歯みがき教室と、予防接種に行ってきました。夫婦での参加は我が家だけで、娘が最年長で歯が生えている本数も多かったのでブラッシング指導のモデルになり、そこそこ褒めてもらって夫も娘も満更でもない様子で何より。インフルエンザ猛威を振るう中での予防接種は、ちょっと時期ずらした方がいいかなあ〜と思わなくもなかったけれど、通常診療と予防接種&健診の待合室が完全に分かれていて、とても親切な小児科に出会えて、ちょっと嬉しい気分になりました。

インフルエンザ警報発令中

 移住して半月、少しずつ生活に慣れてきて気が抜けた頃が要注意、とはよく言ったもので、世の中インフルエンザが猛威を振るう中、数年ぶりに39度まで発熱し、半日待って内科で検査したものの結果は陰性。思えば前回こんな熱が出たのは娘を妊娠したばかりの頃で薬も飲めないし、初回妊娠で流産して間もなかったし、内心半狂乱で内科に駆け込んだっけなあ〜。元気に育ってくれている今でははるか昔に思えるけれども、ささやかな日常にこそ、いつでも感謝していたいものです。

1日で自然に解熱したけれど、季節柄、体調管理には気をつけていかないとですね。

夫婦分業

 夫のUターン転職のために移住した我が家は、私のパート就労中の娘の保育と家事全般は夫の役割。元々、都心で満員電車に揺られての通勤、残業に追われていた頃から、いつしか料理は夫の役割になっており、近所の保育園のパート就労で徒歩通勤の私のお弁当を作ってからフルタイムの夫が出勤するというスタイルで、私が完全に無職になっていた時期も、娘の離乳食以外、ほぼ料理は任せていましたが^^;;

 「こどもと大人が育ち合う場づくり」を目指しているものの、具体的な形はまだまだ構想中。「おやこカフェ」や「こども食堂」などの形態も考えたものの、料理の専門家ではない自分たちには今一つ具体性に乏しく、ひとまず夫婦で料理のコンサルティングを受けようとしているところです。

最初で最後

 新感覚のこども用品リサイクルショップが福岡市内にあるという噂を聞きつけ、さっそく行ってみる。オシャレでキレイな店内に、ゆとりをもって整然と並べられたベビー用品やおもちゃに、キッズスペースもあって訪れるだけでも楽しい空間でした。「大切にしてきたベビーグッズを次の人に繋いでいく」というコンセプトにも共感。

 そのあと、たまたま通りがかったハンバーグが売りの喫茶店に入ると、入り口に「本日をもって閉店します」という張り紙が。。閉店当日とは思えない賑わいぶりで、予約でいっぱいというところを何とか入れてもらい、喫茶店ならではの味わい深い雰囲気に、初めて入ったとは思えない懐かしさを感じつつ、店を後にしました。

眠れぬ夜

 元々朝型人間で、受験生時代も夜は早々と就寝し朝勉強していたタイプで、娘が産まれて不規則になっても、朝6時には起きて夜22時までには寝るという、わりと健康的な生活リズムの私ですが、年に何度かは眠れない夜というのも訪れます。今日は新年早々、そんな夜というか明け方のようです。数年前に、同じく関東から福岡に移住した友人夫婦から、「最初の頃は眠れない日もあったよ」と話していたことを思い出す。

 特にこれと言って何が不安というわけでもなく、ココロが覚醒した状態が続いているような感じ。おかげさまで滞っていたブログのプロフィール更新だとか、普段なかなかできない作業が進む進む。でもほどほどにしておこうっと。

 福岡と関東では時差こそないものの、日ノ出日の入りの時間にはかなり時差があり、朝が暗く、夜が明るい。今まで朝6時に起きて6時半のテレビ体操が日課になっていたけれど、朝7時になっても暗いからなかなかエンジンがかからないものの、夜はこの時期17時前に暗かった関東に比べて18時まで明るいのは得した気分。結局トータルでは変わらないのだけどね。

 世間は3連休の中日。太陽が昇ってきたら、近所の大宰府政庁跡のガイドツアーに参加してくる予定です。