みらいえーる 〜移住と育児と場づくりと〜

1歳児を育てるアラフォー移住女子「かなママ」が、こどもとおとなが育ち合う場づくりを目指して、徒然なる日常を綴ります

先生の卒園式

臨時職員として四月から勤務していた保育園の契約期間満了日を迎えた今日の帰りの会で、子どもたちにご挨拶。毎日働いていればどんな仕事でも喜怒哀楽いろいろ日々入り乱れるものですが、いざ節目を迎えて、ありがとうカードもらっちゃったりすると、不覚にも涙も伝うひととき、せんせーありがとー、だいすき、というこどもたちの声が素直に嬉しく、先生じゃなくなっても、近所のおばちゃんとしてうちの赤ちゃんと遊びに来るね、とご挨拶。新たなステージへ踏み出す、夏の終わりでした。